これからは外車だ!の理由とは?

 
これからは日本では外車が増えると予想されています。

その理由とは格差の拡大です。

外車の方が日本車よりもセンスが良く高い車種がほとんどです。

普通の人はそんな車を新車で買うのは不可能なんですね。

安いと言われるゴルフでも車体価格だけで250万円くらい。しかしメンテナンス、修理、ガソリンはハイオク限定と最初から厳しい内容です。

これでは持ちこたえられない人が多数でしょう。

しかし金持ちの人はゴルフなんて買いません。旧車のゴルフを好きで買う人はいますが、新しいゴルフなんて買うわけありませんよね。

まあ1000万円くらいの車じゃないと恥ずかしいみたいな雰囲気の人達もいるんです。

しかし庶民は150万円くらいの軽自動車に今乗っています。

軽自動車で女性を迎えに行ったら嫌な顔をされるそうですが、マジで酷いですよね。

最近では10倍位の格差が庶民の中では付き始めています。

庶民の格差でそのくらいですから、本当の金持ちとなると相当な格差というかもう人間レベルが違う格差が生じているんですね。

国よりも一企業の方がお金を持っている時代ですからそういった企業のオーナーみたいな一族は桁外れにお金を持っています。

国もそういう企業の言いなりです。だってそういった企業が雇用を生んでいる場合もありますし、また政治家等にお金をばらまいてロビー活動をすることが是とされているんです。そういうことは当たり前だよと抜かしてる奴らがマスコミに出られるという状況になっているのが今という時代です。

車買取 愛媛で国産車売っちゃえば?

お金持ちしか車に乗る資格はない!?


今はまだ車がないと買い物が行けないといった理由で車は必需品と言われる場合もあります。

しかしこれ以上格差が拡がれば、貧困層は車を持つべきではないという論調が増えるでしょう。

これは金持ちのエゴです。

軽自動車がいなくなれば道路は空くし、空気もきれいになるだろうという考え方ですね。

まあ一理あるなと思ったあなたは将来車に乗ることを禁じられる可能性があります。

それは合法的、かつ合理的に禁じられるのです。

例えば車に乗ることに重税を掛けるということですね。

毎年10万円も税をかけたらほとんどの人は乗ることができなくなる、または放棄することになるでしょう。

金持ちにとって10万円なんていうのははした金です。しかし生活を切り詰めて軽自動車を維持している人にとっては大金なんです。今でさえそういった状況が拡がっているのに今後はますます金持ちのエゴによって貧しい人達は疎外されていくのです。

そういった貧困がテロや社会不安を呼んでいます。

今の人は教育が貧困の連鎖を断ち切ると言っていますが、教育を受けても満足な仕事もなく、貧困の連鎖は続いくでしょう。教育という名目で税金を懐に入れる人達で溢れているのが今の世の中なのです。

こういったことで教育では人を救えないのでは?という議論が始まるでしょう。

またそもそも仕事が人間から奪われていく事態に今後どうしたら良いのか?という問題に直面しようとしています。

それが日本という先進国ではじめに起こるかもしれません。

もはやロボット化したらいいだろという議論になり人間から仕事が奪われていくのです。

自動車は外車ばかりになり貧困者はどこへ行く


その内に自動車は外車ばかりになると言っていますがこれは本当のことです。

貧困者は一体どこへ行くのでしょうか?

仕事もなく、希望も当然に何もない。そんな世の中で一体何が始まるというのか。

非常に危惧をしています。

私達は危惧をして、世の中の不条理を感じているのです。

日本は大丈夫だろうという意見がありますが、すでに格差は10倍以上に開きつつ有り、また且つ人々の心が荒んでおり、異様な事件が繰り返されているのはあなたにも分かっていることでしょう。

この流れを止めることはできません。

これは一つの流行病であり、病が癒えるまでこの荒んだ時代は続くことでしょう。

あなたの周囲はまだ大丈夫でしょうか?

しかし終わりの始まりが近づいているかもしれません。

最近では貧困者の自殺は減っていると言われていますが、実は人口比率で考えると別に減っていないという統計もあります。

つまり人が減っているので人数が減っても変わらない。これを政府自治体は隠しているというか敢えて発表しないといういつものやつです。

酷い時代になりました。酷い社会になりました。

これを変えるのはあなたかもしれません!